お月見泥棒追跡作戦


今月の隊集会は、お月見をしながらのハイキング!の予定でビーバー隊としては珍しく、夕方の16時に阿比太公園に集合しました。

しかし隊長の友人であるNASAのアームストロング氏から、「月光仮面という者に満月を盗まれてしまい、箕面の山に満月を隠したらしい」という情報を得て、月光仮面を捕まえ満月を奪還するというハイキングを行いました。

  

ハイキングの道中、月光仮面からの手紙を発見し、それを手掛かりにハイキングを進めていきました。

      

   

太陽もかなり落ち周囲が暗くなってきたところで箕面山中腹の「ハート広場」に到着。夕食後、暗闇の中で懐中電灯の明かりを頼りに夕食を食べました。

      

夕食後、月光仮面からの指示「親子肝試し」を行いました。家族単位で来た道を戻っていきました。淡々と歩く者、闇におびえる者、自然体を装う者、様々な思いで暗闇を歩いていきました。

ゴール地点は展望台となっており、大阪の素晴らしい夜景を堪能することができました。

      

夜景を堪能していると、後ろの木の根元にランタンに光に照らされた月光仮面からのメッセージカードと謎の箱がありました。

メッセージには、「お月見泥棒」とは日本の古き伝統行事であることが記されており、その復活を願っているとのことでした。隊長から伝統行事の内容を教えてもらい、ハロウィンとは違った日本の行事を知ることができました。

  

そして謎の箱はかの有名なお菓子「満月ポン」で、箱には公式萌えキャラの「みつきちゃん」が描かれていました。月光仮面はこれで満月を返した、と言いたかったのでしょうか。

     

阿比太公園に帰ってきて、みんなで「満月ポン」を美味しくいただきました。