今月は、海釣り大会!

カブ
カブ

9月の隊集会は「海釣り大会」!!ということで、神戸市立須磨海釣り公園まで行って参りました!
 
朝4時半集合ということで、子どもたちは冴えない表情で集まってくるのだろうな・・・とリーダー陣は心配していたのですが、まったくの杞憂に過ぎませんでした。スカウトたちは元気いっぱい、移動中の車の中でも大騒ぎ!初めて釣りをするスカウトたちも多く、大興奮の往路となりました。

6時前に海釣り公園に到着したのですが、入り口はすでに入場を待つ人たちで溢れかえっています。行儀よく並んでまつこと15分ほど。ようやく入場することができ、釣り道具とライフジャケットをゲット!スカウトたちは早く釣り糸を垂らしたいのか、手近な釣り場に座り込もうとします。そこに公園のスタッフから「ここは流れが早いからもっと岸よりに移動したほうがいいよ!」とのアドバイス。来た道をぞろぞろと戻り、ようやく釣り場が決定。さっそく準備に取り掛かります。

釣りが初めてのスカウトも多く、今回は「釣り先生」として、スカウトの釣り好き大学生お兄さんが、わざわざレクチャーに来てくれました!今回の手法は「サビキ釣り」。釣り糸の先についたカゴに餌(今回は小エビ)を入れて撒き散らし、寄ってくる魚をカゴの上部に複数ついた針にひっかける釣法です。先生のとってもわかりやすいコーチングのもと、子どもたちはさっそく釣り糸を垂らします。

すると、釣れるは、釣れる!次々に様々な魚を釣り上げます!!アジ、サバ、タイ、などなど。あるスカウトは、なんとフグも釣り上げました!平均して一人15匹程度は釣り上げたのではないでしょうか。2時間ほど堪能していたのですが、日が昇るに連れて徐々に釣れなくなってきます。その内、餌もなくなってしまい、10時前には終了となりました。

釣り公園を引き上げて、箕面に帰ってきたら、今度は人生初の魚拓作りです!各々、釣り上げた魚に墨を塗って、半紙に押し付けていきます。が、なかなかうまくいきません。そこで、魚を下に置きその上半紙を優しく撫で付けると・・・・上手くいきました!綺麗なそしてカワイイ魚拓の出来上がりです。その後、それぞれ魚拓を手に持って記念撮影をして、組ごとに釣った魚を分けて解散となりました。


それぞれの家庭に持ち帰った魚は、どのように調理されたのでしょうか?その一部を写真でご紹介しておきます!

さて、来月の隊集会はハイキング!これまで歩いたことのないような道にチャレンジする予定なので、スカウト諸君、楽しみにしておいてね~。
 
 
 
 

コメント