大舎営2日目 ~イーグルスカウトとの出会い~

カブ
カブ

突如現れた、緑の制服をまとい髪を 2 つに編んだ人物…。その正体は、私、H.A.M.A の首席スカウト、イーグルスカウトだ。アメリカで最高位 の章をもつ私が 2 日目のワイドゲームを仕切らせてもらった。「これから ワイドゲームを行う。いろいろなハンターが君たちを訓練してくれるだろう。」各組にワイドゲームマップを渡し、スカウトたちの訓練は開始した。

【第一関所】 トライアスロン・大縄
ワイドゲームの出発順を決める。担当はトライアスロン選手の格好をしたハンターだ。組員のロープをつなげ、飛ぶための縄をつくり、 大縄で勝負してもらった。結果は 1 組→3 組→2 組→4 組だった。団 結は強まったかな?

【第二関所】 イーグルスカウト・お寺キムス
3 分間でお寺の境内を観察してもらい 5 門の問題に答えてもらった。 組で協力して、役割分担が出来ていた組は高得点だったぞ。皆のイー グルアイしかと見させてもらった。

【第三関所】 TT 兄弟・手旗信号
ジョンブランの歌に合わせて、0~14 の数字の原画記号を覚えた後、TT 兄 弟の出す原画記号を当てるゲームをした。ややこしい問題に戸惑った組も 多かったが、組で協力して正解を導けた組はよかったぞ。

DSC_0522

【第四関所】親分・利きスポドリ
太陽の強い日差しが照りつける中、休憩も兼ねて、4 種類のスポーツドリンクを 味だけで当ててもらう、利き酒ならぬ、利きスポーツドリンクを用意した。酔っ払い炭鉱婦風、坂親分と、ぎょぎょぎょの魚さんに負けぬ呑んべぇさんはいたの かな??残念ながら 4 種類全てを当てた組はなかったみたいだ。ハンターとし てまだまだ訓練が足りないようだな。

【第五関所】 トライアスロン・線路ゲーム
明延鉱山には、使われなくなったトロッコがある。今回はその線路を使っ
て、線路から落ちずにゴールを目指すタイムトライアルをしてもらった。 時間の関係で、第五関所に挑めたのは 2 組分、残りの 2 組は断念した、だ ったが、ここでしか見ることのできないトロッコに乗って写真をとったり、
線路の上を歩くという普段できない体験をしたり、ハンターとしていい訓 練になったのではないだろうか。

【第六関所】 クッキングマイン・料理対決
ワイドゲームでお腹を空かせたスカウト達を待ち受けていたのは、そ う、W マインちゃん(マイン=mine 鉱山とかけてあるようだ)。ゲーム の総得点でお昼の具材が決まるぞ、関所ハイキングで点数が高かった組から、肉4種ときのこ4種の中から選んでもらった。集めた具材と野菜を包んで、お昼はホイル焼きとおにぎりを食べた。協力して調理・食事 をしていた3組にトロフィーは渡されたようだ。

キャンプファイヤー(川内副長所感)

今年のファイアーで一つ、これだけは。と考えて組み込んだことがあります。それは全体を通して電子機器に
頼らないこと。最近はスタンツでスピーカーを使うシーンも多く、リーダーもソングで流したりと非常に便利に 助けられてきました。ではなぜその『便利』をしたくなかったのか。 理由は二つあり、一つはハンターのお祭りという雰囲気に合わないと思ったこと。もう一つはボーイスカウトのファイアーは楽しいだけのものにしたくないと思ったことです。子ども達に『緊張した、怖かった』を感じて乗 り越えてほしい。自分たちが作ったものを評価される気持ちを知ってほしいと考えました。 お題を考えるのに苦労した組も、楽器を作るのに苦労した組もあったでしょう。「練習になかなか手がつかな い、、、。」という声もチラホラ。それでも最終的にはみんな踏ん張ってくれたのではないでしょうか。発表するスカウトも支えるデンリーダーも最終的には一つの組になれたように見 えます。各組それぞれの色が出ていて良いファイアーだったと感じています。 そしてこれがスカウトにとって 10 年後には良い思い出になっていると嬉しいです。

1 組・タイガーレッド  島人の宝

2 組・ホワイトタイガー バカサバイバー(替え歌)

3 組・イエロードラゴン: パプリカ

4 組・グリーンタートル 調子をそろえてクリック・クリック・クリック

リーダー・ブラックパンサー ハンターの中に裏切り者・・・

コメント