キャンプマスターへ ~夏キャンプ 2日目~

ボーイ
ボーイ

夏キャンプ2日目は残念なことに朝から結構な大きさの雨粒がボタボタと‥‥しかし、そんなことでテンションを落としている場合ではありません。

毎日6時から朝食材料の配給! なので5時半ごろには皆起床していました。

 

残念ながら、朝は雨・・・朝食材料の配給です。

 

材料をもってサイトに帰ります。

 

朝食後、制服に着替えて朝礼へ来る頃には雨は止んでいました。

 

朝食後は朝礼です。ちょうど雨が止んでくれてラッキー! 国旗掲揚の後、今回のキャンプのテーマソングである『ハイキング』を大声で歌い、リーダーから今日の予定を聞いたらいよいよ始動です。

 

『ハイキング』を大きな声で歌います。

 

雨は降ったりやんだりを昼前まで繰り返しましたが、そんなことには構いなく各班はサイトの設営にいそしみます! この日は立ちかまどを作ることをメインイベントとしました。

急遽の欠席者もいて、各班4名ずつという少人数だったのですが(この日の夕方から1名増)、両班とも班長副長が指示してうまく2人ずつに分かれるなどして、いろんな作業を効率よくこなしているのには感心しました。

 

 

そんなずっと設営が続く、単調になりがちな1日にアクセントを入れるべく、リーダーは昼食に変化球のメニューを用意していました。

それは「サータアンダギー」。みなさん分かりますか? 名前だけ聞いても??であっても、おそらく食べたことはあるはずの揚げパン系の沖縄の料理です。

 

立ちかまどを作っている一方で・・・

 

残りの2名で調理開始!

 

 

フクロウ班も快調!

 

これは美味いに決まっている!

 

雨で薪が濡れていることや安全面を考慮し、今回はコンロを支給したものの、みんな全く初めて作る料理であり、油も使うし上手に出来るかな?と、リーダーは心配していましたが・・・

 

団子状にして揚げていきます。

 

 

コウモリ班はミネストローネとサータアンダギー、一人ずつ責任調理!

 

フクロウ班は共同作業。

 

ホント旨そうだ!

 

つまみ食いしたくなりますネ(笑)

 

そんなリーダーの心配は見事なまでに杞憂に終わり、両班ともきれいに団子状の形にして上手に揚げていました。そしてミネストローネスープも上手に作って、ともにみんな美味い旨いと、我々の想像以上に大好評!

翌日以降も思い出してはあれは美味かった!と何度も言うスカウトがいたほどです。

 

午後には両班とも立ちかまどが出来上がりました。まあ満点ではないものの、使える代物にはなっていました。両班ともより快適なサイトになったようです。

夕食はハヤシライスとサラダ、コンソメスープでした。早速立ちかまどを使って調理しました。

 

夕食の食材の配給。食料係が運びます。

 

  

 

  

 

  

 

  

 

夕食を美味しくいただいた後は夜プログラム。久しぶりに夜間歩行訓練(肝試しと言う人もいますが‥‥)をすることとしました。

と言っても夜間独りで歩くことがメインなので仕掛けは最小限です。

5分ほどの道中、上からお面を吊しておいたり、フラッシュを焚いたり、元からある立て札の元にロウソクを2本立てて、字を書いてもらったりする程度としました。それでも充分にビビってくれたリアクション王が何人かいましたが^_^

最後の字を書いてもらうところは、名前を書いてもらうだけでは面白くないので、これまでのBS隊のプログラムの中で一番楽しかったのは?という設問に答えてもらう形としました。

2年目以上のスカウトは昨夏の淡路島一周サイクリング、新人は春のスズノコ採りを挙げるスカウトが多かったです。

 

ろうそくを2本立てた記帳台で、書いてもらいました。2人ほど、簡単な漢字を何度も間違えているのは何故・・・?(画像は一部加工しています)

 

 

 

コメント