自分たちの住む街を守ろう ~夜警~

ボーイ
ボーイ

ボーイスカウト隊の12月プログラムは年末恒例の夜警、いつもお世話になっている地元の街を守ります。

今年も自治会さんにご協力いただき、南瀬川会館を拠点とさせていただきました。

参加スカウトはフクロウ班3名、アヤタカ班7名の計10名、リーダーは応援含め5名にて行いました。

午前1時半のフクロウ班の夜警出発までは、進級項目であるロープワークや手旗の徹底練習をしました。時間はじっくりあるので、ヤル気のあるスカウトはどんどん上達していくのですが、手旗の面白さにハマったとあるスカウトは、どんどん覚えてみるみるうちに50音全てを打てるようになったのには驚きました。ただ、他のスカウトがアドリブで打つ手旗の読み取りは一転して難しかったようです。手旗の読み取りは高い技量が必要となりますので、どんどん反復練習して上達していってほしいと思います。

さて、夜警に関しては、所要1時間半で帰ってこれるコースをあらかじめ考えてもらいました。そして午前1時半にいよいよフクロウ班が出発です。

 

 

外はあいにくの雨。リーダー1名が後ろから付き添って出発していきました。

残ったアヤタカ班はというと、ボードゲームなどで午前2時半の出発まで時間をつぶしてから出発しました。

 

隊長から事前注意を受けてから・・・

 

外の雨は、いつの間にか止んでいました。

 

 

そして、アヤタカ班出発のちょうど30分後、午前3時ぴったりにフクロウ班が戻ってきたのには驚かされました。

 

緊張感から一転してほっどする瞬間でもあります。

 

街に特に異状はなかったとの報告を受けましたが、実は箕面一団の長い夜警の歴史には火事を発見して被害を最小限に食い止めたいう実績もあります。

 

異状なしを報告!

 

かく言う筆者もスカウト時代、センターラインのある道路に泥酔者が大の字になって寝ていたのを見つけて起こしたこともあり、何もないだろうという思い込みは禁物です。

さて、帰ってきたスカウトたちの楽しみはというと・・・冷えた体と空いたお腹をカップラーメンの夜食で満たすことです。これがスカウトたちの至極の楽しみなのです。

 

 

午前4時にはアヤタカ班も無事帰ってきました。

 

 

 

夜食が終わると後はフリータイム、基本的には朝6時まで仮眠です。

ただ、後に帰ってきたフクロウ班メンバーも含め、数人は朝までカードゲームで静かに盛り上がっていたようです。まあこれも年末年始しかできない夜更かしの楽しみということで黙認しているのですが、我々リーダーからみたら、眠くならないのかなと不思議です・・・結局数名はカンテツしました。

そして6時になると全員が起床し、お世話になった会館を掃除して現地解散しました。

 

 

1月のプログラムは団行事の元旦集会を挟んで、いよいよの雪中ハイクです。今年の暖冬傾向を受けて、暦的には2月のアタマの実施としますが、装備を整えて楽しみに待っていてください!

コメント