8月大阪府連盟60周年キャンポリー

ボーイ

8月は13~18日にボーイスカウト大阪府連盟60周年のキャンポリーが信太山の自衛隊演習地でありました。
箕面1団BS隊からは3名のスカウトが豊野地区第1隊の隊員として参加しています。
このキャンポリーには大阪内のボーイスカウトが集まり、東北・香港・マレーシア・ハワイのスカウト及びリーダーが招待されていました。
スカウトはたくさんのテントやあんなに大勢のスカウトを初めて見たのではないでしょうか。
さて、普段はなかなか出来ないことが出来るボーイスカウトですがキャンポリー・ジャンボリーでは特にそう言った面が大きく、スカウトから話を聞いていると自衛隊の装甲車に乗せてもらったり、水をろ過してチキンラーメンを作ってみたり…。
中でも特にスカウトが躍起になっていたのは持ち物の交換です。
ボーイスカウトが首にかけているネッカチーフとそれを留めるチーフリングには色々な材質、様々な柄のものがあり目当てのものがあると持ち主に交換を持ちかけます。
中でも人気があるのはやはり外国のスカウトが身につけているものです。
何かこう、日本のスカウトがしているものとは違った魅力が強いのです。
BS隊のスカウトは一番年下が小学5.6年生で一番年上でも中学3年生です。
もちろん英語はあまり話すことが出来ません。
それでも外国のスカウトに片言の英語とジェスチャーで交換の交渉をする場面には微笑ましいものがあります。
こういった体験を機に英語を熱心に勉強し始めるスカウトも多いとか少ないとか(笑)

コメント