新たな仲間とともに ~新入隊員歓迎ハイク~


4月のプログラムは、毎年恒例の新入隊員歓迎ハイキング。3名のフレッシュな上進スカウトをむかえ、気持ちも新たに頑張りましょう!

さて今回は箕面山(六個山)を歩きます。ん?・・・ボーイスカウトなのにカブやビーバーで歩きなれた六個山?・・・と思ったスカウトもいたかもしれません。

しかし、そこはBS隊のプログラム。今回はハイキングで歩くことよりも、野帳をつけたり地図の読図をしたりと、地図関連の技能向上に主眼が置かれているのです。

 

欠席者が多少出てもそこそこの人数が集まるようになり、嬉しい限りです。

 

阿比太神社に集合後、まずはコンパスの使い方を皆で再確認し、その後備品庫の中で座学をしました。

ん?‥‥ハイキングなのにいきなり座学?・・・そうです。今回は、地図を読むための準備をしっかりしておきます。というのも山の中での班行動となるので、生半可な準備だと道に迷ってしまう恐れがあるのです。

全員に1/10000相当の地図を配布し、個々人で6ケタ座標のメッシュ線を記入します。この線がずれると後々大変なことになってしまうので、丁寧に正確に作業します。

 

 

皆がメッシュ線を引き終わると、プログラム的には本日最初のプログラムとなる「野帳(やちょう)」のつけかたを勉強します。

「野帳」とは聞きなれない人が多いと思いますが、いわゆるフィールドノートのことで、略地図を作ったりするために、歩きながら周囲を観察し、歩いた方位角や距離(歩数)、周りの状況を記録しておくことをいいます。いわゆる簡易測量のようなものです。

 

野帳のお手本(『進歩の手引き』より)

 

ひと通りのやり方を教わった後、人数の少ないフクロウ班からいよいよ出発です。

皆、ポイントポイントで立ち止まりながら、そして周りを見回しながら、一心に手帳にメモしていきます。

 

  

 

歩き始めは周りは住宅ばかりで変化に乏しかったものの、やがて趣のある古い集落や畑の中になり、スカウトも立ち止まってメモすることが増えてきました。

 

  

 

そして、六個山の西尾根登山道入口に着いたところで野帳を終了し、次のプログラムに入るため、指令書を受け取りました。

指令書には6ケタ座標が7つ記載され、その地点にあるドラゴンボールをゲットするように書かれていました。

 

 

そこで、備品庫であらかじめメッシュ線を記入した地形図を取り出し、それぞれの6ケタ座標を各々の地図上にプロットしていきます。

 

 

すると、うち1つのポイントはなんと今いるところ!

早速、あたりの捜索を開始です!

 

 

仕込んだ側からすると、結構わかりやすいところに置いたつもりなのですが、なかなかスカウトは見つけられないものですね。

 

これがドラゴンボール。最初のポイントに仕込んだ実物です。見つけにくい?

 

地面だけ見るのではなく、視線をいろんなところに向けながら‥

 

やがて最初にフクロウ班、そして30分遅れてコウモリ班が最初のドラゴンボールをゲットし、まずは六個山の山頂を目指して尾根道を歩きます。

山頂ではリーダーが待っていましたが、実は山頂に着くまでに2つ目のドラゴンボールポイントがありました。ところが先発したフクロウ班はそのことを認識しながらも、ドラゴンボールを見つけられずに山頂まで来てしまいました。

当然ながらリーダーは引き返しを指示!

ただ、ちょうどお昼時なので、フクロウ班はここで昼食をとりました。

 

昼食をとりながら地図を見返すフクロウ班のメンバー

 

付近をほぼ同時に歩いていた別の子供達の団体にドラゴンボールを持ち去られた恐れもゼロではないので、フクロウ班が引き返す際、リーダーも少し離れてついて行っていると・・・

後発のコウモリ班がドラゴンボールをゲット!と言いながら、足取りも軽く山頂に向かっているのを確認しました^_^

そう、30分遅れでスタートしたコウモリ班が、フクロウ班を追い抜いたのです!

その後、フクロウ班が苦労して2つめのドラゴンボールをゲットし、再び山頂に登るとコウモリ班は昼食タイム中で、2班が鉢合わせしてしまいました。

 

 

すでに昼食をとっていたフクロウ班は、このまま山頂でコウモリ班を抜き返し、次のドラゴンボールゲットに向かいます。

コウモリ班もフクロウ班に遅れること10分、次のポイントに向かいました。

ただ、次のポイントでもフクロウ班がドラゴンボールゲットに苦労している間にコウモリ班が到着してしまい、全員で付近を大捜索する事態に!

 

 

ここのドラゴンボールは古い木の切り株のスキマという、かなりの難度の場所にあったのですが、全員をもってしても見つけられず・・・

 

 

本来はこのポイントはリーダー無人のまま探させる予定でしたが、あまりに次のポイントまでこないスカウト達にしびれを切らし、結局はリーダーがこのポイントまで戻ってきて、大ヒントを与えて見つけさせる事態に・・・

そのため、次のポイントへは合同班状態でやってきました。

 

 

このまま合同で行動しては面白くないので、ここでのドラゴンボール探しでは、ドラゴンボールに次に行くべきポイントをそれぞれ記し、その指示に従ってもらうこととしました。

当然、経路的には有利不利がありますが、それは見つけたドラゴンボール次第ということで!

 

捜索開始の声と共に皆走り出す!

 

ただ、これもすぐには見つけられず、リーダーが「この両手の角度の範囲!」と大ヒントを与えるの図

 

そして最初にコウモリ班がドラゴンボールをゲットし、指定されたポイントに向かいました。

遅れること約10分、フクロウ班もゲット!

 

僕たちは今日は人数少ないから不利! とテンションが下がるフクロウ班のメンバーたち

 

その後は両班は別々となり、本来の班行動に戻りました。

とある尾根に設定したポイントでは・・・

 

みんなで必死に探すの図

 

あっ! あそこだ!

 

木の幹の後ろにちょこっと見えてる!

 

 

ロープで吊り下げられていたとは!

 

下ばかりでなく、上も見とかないと!

 

また違ったポイントでは隊長が手ぐすねを引いて待っていました。

 

 

最終的には、なんと人数の少ないフクロウ班が先にゴール!

このエリアは道が多く、その選択が影響したのでしょうか。

 

ドラゴンボールの音を鳴らしてゴールに近づくコウモリ班に合図だ!

 

フクロウ班に遅れること20分、コウモリ班も到着しました。

 

コウモリ班も到着! みんなお疲れ気味。

 

ゴールからは皆で阿比太神社まで戻りました。

本来は野帳から略地図を作る予定だったのですが、ドラゴンボール探しに時間がかかったため、班集会で仕上げてもらうこととしました。

優秀班は、少ない人数ながら頑張ったフクロウ班となりました。

 

今回の優秀班はフクロウ班! 弥栄!

 

身近な箕面の山ではありましたが、ドラゴンボールを探すために結構な距離を歩き、特に小6である新入隊員にはキツかったかと思いますが、皆頑張りました。

この新入隊員歓迎ハイクになると、昨年このスカウトはこんなにひ弱だったのに・・・と個々のスカウトの一年の成長を感じることが多いです。

新入隊員もこれから逞しくなってくれることでしょう!