キャンプマスターへ ~夏キャンプ 3日目~


夏キャンプ3日目、今日も朝食の朝礼からスタートです。

 

スタンバイOK! 正手が合図を送ります。

 

今日も国旗掲揚からはじまります。

 

隊長のお話。隊員の体調チェックも併せておこないます。

 

午前中はいよいよハイキング! 芦生原生林の一角にある通称『雷杉』を目指しました。目的地そばで結構アップダウンがあり、楽な行程ではなかったものの、スカウト達は元気いっぱい!

 

 

 

 

 

 

 

雷杉は落雷被害で根元に大きな穴が開いている巨杉です。その穴の中も黒く焼け焦げているにも関わらず、ちゃんと生きているという杉で、その生命力に驚きました。

しかし写真に撮ろうとしても全体が入らないくらいデカイ!

 

  

 

 

サイトに戻り、少し遅めの昼食である親子丼を食べました。その後は‥‥連日水に入るには肌寒く、これまで出来なかった待望の水遊びタイム到来! いつもながらホント皆元気です。

 

 

 

そして、夕食はこのキャンプ最後のディナー。

ということで、リーダーはイベント的要素を持つ特別メニューを用意しました。

 

広場に集合すると、焚き火が・・・何するんだ?

 

それは『鮎の塩焼き』。地元の川で釣った鮎を‥‥なら完璧ですが、さすがにそれは叶わないまでも、大きめの鮎を人数分用意し、その塩焼きを各自つくる、つまり自分が食べるぶんを責任持って焼くことに挑戦です。

 

まずリーダーが鮎への串の差し方を説明!

 

 

けっこう難しそう・・・座ってじっくり観察!

 

まずは金属の串を鮎の(今回はより簡単な)尾から頭の方向に、うまく背骨をかわしながらグネグネと刺していきます。体のセンターあたりに刺さないとバランスが悪くなり後々困るし、その一方で串が頭を突き抜けてしまうと後で焼けなくなるので、うまく鮎の頭の手前で串を止めないといけません。

 

 

 

 

皆初めてなので、悪戦苦闘しながらもなんとか刺すと、塩を充分に付けます。これが不十分だと焦げてしまうので丁寧に‥‥

そして、リーダーが用意した焚き火の周りに串を差して焼きに入ります。

 

全部揃うとなんかオブジェ風。

 

皆自分が食べるぶんが綺麗に焼けるよう、すぐ後ろに陣取ります。一見焚き火を囲んでいるかのようですが、視線は真剣そのもの‥‥時々鮎の表裏を回しながら常に監視します。

 

焚き火の周りに差していきます。

 

みんな自分の串だけを穴が開くほど凝視の図。

 

焼いているうちに脂が滴ってきて、旨そうなニオイも‥‥ただ、焼けてくるに従い、満遍なく焼けるように串を回転させようとすると空回りしたり、串が鮎の頭を突き抜けてしまったり・・・

 

何度も回してかなり焼けてきたので、仕上げに火に近づけます。

 

みんな仕上げ段階になりました。

 

さあそろそろかな?

 

ちゃんと焼けているかチェック!

 

なかなかの苦闘の末に、全員鮎の塩焼きに成功しました。

 

旨そうです!

 

塩をはらってそのままワイルドにいただく!

 

まさに貴重な命をいただいていることを実感。しかし旨いぞ!

 

行儀は多少悪いですが、塩をはらってそのままいただくのがオツなもの。みんな野性的なスタイルの味に大満足しました。

もう一品としてリーダーが作った特製ポトフを食べ、記念すべき夏キャンプ最後の夕食は成功裡に終わりました。

 

リーダー特製ポトフを食べる頃には、あたりはすっかり暗くなっていました。

 

充実の3日目のレポート、かなり長くなってしまいましたので、夜のキャンプファイヤー以降はまた次回。